適当にやるわ

リアルな世界でのプラチナトロフィー取得を目指して...

Gadget iPhone

iPhone X 使用者から見たiPhone XSの感想

投稿日:

9/13のイベントで新しくiPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XRが発表されました。
すでに去年iPhone Xを買って十分にFaceID、ノッチ(センサーハウジング)は経験済みです。

そんな私から見た、今回発表されたものに対する感想である。

iPhone XS

順当進化といった感じ。
特に驚きはない。

いや、驚きを求めすぎていたか。

よくよく考えて、XSはポジション的に言えば、過去のiPhone 4s, iPhone 6s, iPhone 8のような感じか。

すでにあるものを高速化、ブラッシュアップした機種。

すでにあるiPhone XSを高速化した機種である。

サイズ

iPhone XS サイズ

今回新たにMaxというサイズが追加された。
本体サイズ的にはほぼ過去のPlusと同じくらいのサイズとなっている。
よって、今までPlusのサイズが気に入っていた人はいいんじゃないだろうか。
iPhone X使っててやっぱ大きいのが欲しいって人もXS Maxは魅力的なんじゃないだろうか。

私は片手持ちにこだわっていて、いまのiPhone Xですらでかいと感じているので、これ以上のサイズは勘弁だが。

カラー

iPhone XSカラー

今回、新たにゴールドが追加された。
これは羨ましい。iPhone Xの時にゴールドが出ていたら迷わずゴールドを選んでいただろう。
本当はピンクが出てくれると一番嬉しい。

容量が最大512GB

今回は64GB、256GBという従来の容量に加え、512GBが新たに追加された。
私は現在256GBを使っていて、まだ半分くらいしか使っていないためここまでの容量はいらない。
が、5chを見ていると音楽や写真、動画を大量に入れている人が512GBが必要だと感じているようだ。

予備電力機能付きエクスプレスカード

これは少し魅力的かとも思った。

が、

今までiPhone Xを使っていてバッテリー切れになったことがない。
毎日充電していて、ポケモンGOでもやり続けない限りバッテリー切れにはならない。
したがって今まで「駅を通過する時にバッテリー切れになっていた」なんて経験が頻繁にない人にとってはいらないだろう。

というか、そんな状態になるぐらいならバッテリーを持ち歩いたほうがいいだろう。

カメラ

iPhone XS 深度コントロール

正直、被写界深度(F値)が後から変えられるってのは羨ましい。
iPhone 8発表された時に、iPhone 8とiPhone Xとで迷ったが、カメラ機能の差が背中を後押しした部分もある。
後からボケ量を変えられるというのは技術的には存在していたが、iPhoneに搭載されるのは初めて。
この機能の何がいいって、後から背景を見返したり、ボケ量で失敗したなって時も修正ができる。

FaceIDの高速化

こいつは一番必要なものだと思う。
というか正直、iPhone Xの顔認証は従来のTouchIDより遅いと思う。
あの認証中の顔の絵がウニョウニョ動くのが長く感じるのだ。
だからなるべく速くなって欲しいと思ってた。

ギガビット級のLTE

新しいiPhone XSは4x4 MIMOとLAAに対応してギガビットLTE対応となった。
個人的にはiPhone Xの通信速度で満足してるから別にいいという感じである。

4x4 MIMOはドコモがすでに2018年5月からサービスを提供しているようだ。

PREMIUM 4G® 〜LTEは次のステージへ〜 | エリア | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/support/area/premium_4g/

ちなみに上記サイトによるとiPhone XSは最大で844Mbpsだそうだ。ギガビットにちょっと足りないな。
それでもiPhone Xに比べたら250Mbpsも速いのか。

iPhone XSとiPhone XS MaxはPREMIUM 4G®受信時最大844Mbpsに、iPhone XRは794Mbpsに、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 PlusでiOS11.3以降の場合はPREMIUM 4G®受信時最大594Mbpsに、iPhone 7、iPhone 7 Plus、10.5インチiPad Pro、12.9インチiPad ProはPREMIUM 4G®受信時最大375Mbpsに、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、9.7インチiPad Pro、iPad(第6世代)、Nexus 5Xは、PREMIUM 4G®受信時最大262.5Mbpsに対応しております。

LAA(Licensed-Assisted Access using LTE)は5GHz帯をLTEに使用する技術で下のリンク先に詳しい説明がある。

免許不要の5GHz帯をLTEに使う「LAA」のインパクト | ビジネスネットワーク.jp
https://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/4404/Default.aspx

しかし、日本のキャリアで対応しているところネットで探しても一切情報が出てこない。
実際に対応しているキャリアはないんじゃないだろうか。

まとめ

というわけで、iPhone X持ちがiPhone XSにそそられない理由を述べてみた。
多分、機種変する人で安く手に入るのであればiPhone Xで満足って人は多いのではないかと思う。

-Gadget, iPhone
-,

Copyright© 適当にやるわ , 2018 All Rights Reserved.