適当にやるわ

リアルな世界でのプラチナトロフィー取得を目指して...

iPad iPhone Mac Wi-Fi 機材

Logitec LAN-W300N/RS を買いました

更新日:

もうすぐ旅行に行こうと思っていますが、宿泊先でのインターネット回線確保は現代において重要な課題です。大抵のホテルは有線のポートがあり、ラップトップをケーブルで接続して回線を使うことができます。ただ最近はスマートフォン、タブレット、UltrabookなどEthernetポートを持たない機器も増えてきています。3G回線を使うことができますが、やはり有線LANに比べたら遅いです。そうした機器を宿泊先で使うためには有線LANの口にアクセスポイントを接続して無線機器を接続できるようにする必要があります。
そこで今回はロジテックのLAN-W300N/RS(白)を購入しました。

AP本体の他にACアダプタ、LANケーブル、マニュアルが付属しています。
EthernetのポートはInternet側とLAN側があります。
充電用のポートはMicroUSBとなっています。付属のACアダプタの他にスマートフォン用の充電器などが使用できるようです。
セットアップのためにまずはLAN側にPCを接続します。なお、初期設定でランダムなSSIDとパスフレーズが設定してあり、設定内容が本体裏面のラベルに記載されています。そのためiPhone, iPadでも接続すれば設定が可能です。
ここまでSafariで操作をしていましたが、Safariだと左側のフレームの内容が薄暗く表示されるためChromeに変えました。こちらは正常に表示されます。
デフォルトではInternet側はDHCPでIPアドレスを取得します。そしてLAN側(有線、無線)は192.168.2.100-200のアドレスをDHCPで配布する設定になっています。
まずはSSIDを設定します。これは家で使用しているSSIDと同じにすれば、つなぐデバイスに設定をしなくても繋がります。




そしてデフォルトではセキュリティ無効の2つ目のSSIDが有効になっているためこれを無効にします。
次にパスフレーズです。こちらも家のAPと同じパスフレーズにします。
この設定完了後に反映させるために再起動します。
なお、パスフレーズ設定後はセキュリティ設定がなぜか無効と表示されるバグがあるようです。
この状態でもセキュリティは有効ですが、初期設定へのリセットを行わない限りセキュリティ設定は変更することができません。
この機器はWPS対応ですが、私はWPSを使わないため無効にしておきました。
WPSの物理ボタンは本体裏側のリセットボタンと兼用になっており、押すためには細いピンのようなものが必要です。
この後iPad(3rd gen.)を接続してBNRスピードテストを試しました。調子がいい時で25Mbpsくらい出るようです。
AirMac Extremeでは約30Mbps、有線でつないでいるiMacで60Mbps以上出ます。iPadの性能を活かしきれるスピードは出ていませんが、十分だと感じます。




Logitec 無線LANルータ mobileRouter 300Mbps コンパクト ホワイト LAN-W300N/RSW
ロジテック (2012-05-24)
売り上げランキング: 3204
Logitec 無線LANルータ mobileRouter 300Mbps コンパクト ブラック LAN-W300N/RSB
ロジテック (2012-05-24)
売り上げランキング: 5223

-iPad, iPhone, Mac, Wi-Fi, 機材

Copyright© 適当にやるわ , 2018 All Rights Reserved.