適当にやるわ

リアルな世界でのプラチナトロフィー取得を目指して...

キリンのIPAを飲んでみた GRAND KIRIN IPA ビール

更新日:

購入の経緯

コンビニに住民票を取りに行ってヤッホーブルーイングの「インドの青鬼」をついでに探していた。だが見つからなかったために代わりにこのビール「GRAND KIRIN IPA」を購入。twitterを見ていると少しは話題になっているようである。

グランドキリンIPAは今年の3月28日に発売されたばかりのビールである。

「グランドキリン」シリーズを刷新|2017年|ニュースリリース|キリン
http://www.kirin.co.jp/company/news/2017/0112_06.html

ボトルのラベルにはこうある。

複数の希少ホップが織りなす、柑橘の爽やかさと甘く熟したフルーツのような香り。ひと手間かけたホップを漬け込むことで、フルーティな香りと上質な苦味を引き出したIPA(インディア•ペールエール)スタイルです。

この「ひと手間」について商品ページも確認したが詳細は記載されていなかった。おそらく企業秘密なのだろう。とにかくその「ひと手間」をかけたホップを発酵中に漬け込むことで今回の香りと味を出しているということである。

またこのボトルのデザインが口が広く独自とのことだが、確かに口が広く、グラスに注ぐ時に勢いが出すぎてこぼしてしまった。グランドキリンシリーズはこの開口により香りと口当たりを向上させているとのことなので、ボトルのまま飲むのもありだろう。

香り

他のIPA、というかペールエールに比べるとそこまで強い香りはしない。
落ち着いた深いチェリーという印象。




これもまた他のIPAに比べると強烈ではない。またフルーティさも抑えられている。
苦味もそんなに強くないため飲みやすい。炭酸も強烈というわけではない。

アルコール度数

5.5%。アルコール度数低めで飲みやすいため、分類的にはセッションIPAだろう。

購入場所

コンビニ(ファミリーマート)

価格

レシートをもらい忘れてしまった。

総合評価

香り、味、苦味、炭酸が落ち着いているため、初めてのペールエールとしてはオススメできる。
しかし、強烈ではないがゆえ、IPAメインで飲んでる人にとっては個性が足りない。

-
-, , , ,

Copyright© 適当にやるわ , 2018 All Rights Reserved.