適当にやるわ

リアルな世界でのプラチナトロフィー取得を目指して...

iPad

iPad Pro 10.5インチを購入。Air2からの乗り換えレビュー

更新日:

日本時間で6月6日に行われたApple WWDC (The Apple Worldwide Developers Conference) 2017で予想されていた通り10.5インチのiPad Proが発表されました。
購入しようと考えていたので、Apple Storeが"We'll be back soon"から復帰後にすぐ注文しました。

iPad Air2との比較して何が向上したか

私が今使っているのはiPad Air2。以前購入時の記事。指紋認証のtouch IDが搭載されたら即買おうと思っていたので、発表後にすぐオーダーしました。
今回は10.5インチになったら即買おうと思ってました。

本体サイズ、スクリーンサイズ以外にも色々変わっています。Air2ユーザーとして気になるアップデートされているポイントを比較をしてみます。*赤字はiPad Pro 9.7inchに搭載されてなかった機能。

  • ローズゴールド色がある
  • カメラが12MP、光学式手ぶれ補正、F1.8など向上
  • 4Kビデオ撮影
  • Apple SIM内蔵
  • A10XプロセッサでA8比でCPU 2.5倍、グラフィックが4.3倍高速
  • 画面解像度が2224 x 1668に向上
  • 120Hz駆動のディスプレイ
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • Apple Pencil, Smart Keyboardに対応

旧iPad 9.7インチとの比較はEngadgetに比較記事があります。




新旧iPad Pro仕様比較。120Hzディスプレイ、CPU進化、カメラもしれっと高性能化、ストレージは2倍に - Engadget 日本版
http://japanese.engadget.com/2017/06/06/ipad-pro-cpu-2/

新しいiPad Pro 10.5インチはサイズが大きくなって重量も30g以上重くなっています。
これは仕方ないですが残念な点ですね。

予約したのはWi-Fi + Cellularモデルの256GBローズゴールド

カバーと合わせて¥109,728(税込)。

Air 2は128GB LTEモデルがカバーと合わせて¥101,088(税込)だったので価格的にはそんなに変わっていないです。
128GBというモデルがあれば128GBにしたかもしれないが、128GBというモデルが消えたんですよね。

今回の発表ではMacbook Proの微妙な値上がりが気になりましたが、iPad Proについてはお買い得感がある値付けだという印象でした。

現在Bic SIM(IIJ mio)を使用しているので、それをiPad Proに移して引き続き使用する予定です。iPad Air2は妻にあげる予定。
届いたら追加で比較レビューを書きたいと思います。

iPad Pro 10.5インチ届きました!開封!

6/13日にiPad Pro 10.5インチが届きました。ちなみにSmart Coverの方は数日前に届いてました。

iPad Pro 10.5インチの開封

まずはiPadから開封。

ローズゴールドに合わせてピンク色の海の写真です。

箱の裏側

箱の中身。

箱の中のアクセサリは以下の通り。

  • 12WのAC-USBアダプタ
  • Lightningケーブル
  • SIMトレイ用のピン
  • Appleのシール
  • 取扱説明書
  • 注意書き

スマートカバーの開封

スマートカバーをつけて見たところ。

iPad Pro 10.5使用感、レビュー

とりあえず以前まで使用していたiPad Air2のバックアップを取って、バックアップから新しいiPadに復元。
復元作業自体は30分くらいで終わりました。ただしその後にMacからの写真の同期があり、トータルで1時間近くかかったかと思います。

バックアップ完了後にiPhone構成ユーティリティでメールのアカウント、VPNのプロファイルのインストール。構成ユーティリティを使えばいちいちアカウントなどを何度も設定し直す必要がないため便利です。
その後iij mioのプロファイルを入れてSIMカードの挿入。

スペック

CPUやGPUが速くなったというのはすでにベンチマークで色々と結果が出ている。

それ以外にメモリが2GBか4GBかという話がよく出ていたが、BMSSMで確認したところ4GBであった。

画面の大きさ

確かに画面は9.7インチに比べたら大きい。しかし日常生活する上で困るほどの大きさではないと感じた。
おそらく9.7インチを今まで使用していた人ならば大丈夫だろうと思う。

True Tone

ちなみに起動後はなんか液晶が尿液晶っぽいというかおやすみモードが効いているのか妙に黄色いなって感じでした。
原因はTrue Toneでした。これが有効だと異なる環境でも色が一貫して見えるらしいが、自室で見ているとディスプレイが常に6500Kくらいの色温度で表示されているように見える。
これをオフにして従来の青白い色に戻しました。

120Hz駆動の液晶

この120Hz駆動はApple Pencilを使用していると特に恩恵が受けられるみたいで、ペンで線を描いた時にディスプレイ側に描いた内容が反映されるタイミングがよりリニアになる。
しかし私はApple Pencilは持っていないので、とりあえずその速さの違いをアプリを使って確かめることにした。
1秒間に0〜119までを表示するアプリをiPad Pro 10.5とiPad Air2で表示。
下の数字は時計。
iPad Proの方はほぼ全ての数字を表示しているが、iPad Air2は1つ飛ばしで表示している。
このビデオはiPhone 6sのスローモーション機能で撮影。

こうしてみるとやはり描画が秒間120回行われているというのは本当である。

その他

全体的にやはり新しいモデルであるためか、スクロールなどがスムーズになった。
また、様々なアプリを使用しているが、今の所、解像度が変わったことによるUIの不自然になったところなどは見かけていない。

また使用するSIMとしては格安SIMのiijmioがおすすめである。3GB使えて余った分は繰越せて月900円。速度的にも安定していてすでに2年以上使っている。
基本的にこれだけで十分である。

-iPad
-

Copyright© 適当にやるわ , 2018 All Rights Reserved.