適当にやるわ

リアルな世界でのプラチナトロフィー取得を目指して...

生活

転職をして後悔!転職をする前に考慮すべきこと

更新日:

私は過去に1度転職をしたことがある。その時は目先の年収アップにつられて転職をしたものの、転職に寄って全てがプラスになったわけではなかった。
振り返って見てトータルでは非常に満足できる結果ではあったが、もっと慎重に検討してもよかったのではないかという事項もあったのは事実だ。

また、転職後に職場の環境、人間関係が良くなかった云々•••というのはあるかもしれないが、そういったことは実際に入って見ないとわからないため、ここではあくまでも転職前に分かりそうなことだけを列挙する。

給料

当たり前のことだが、多くの人は給料が上がることを目指して転職活動をする。
しかし現実には約半分の人は上がるようだが、残りの半分は上がっていないようである。

転職白書 転職後に年収が上がった人が実践していたこと:日経ウーマンオンライン【アラサー世代の転職指南塾】
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/031400060/030100048/

このページによると54.8%は転職によって給与が増加、29.8%は減少、15.4%は変わらないとなっている。
実際には給与が増えるかどうかというのは面接時の交渉でするものであり、また大半の企業は前職の給与を考慮して新しい給与を決定する。そのため増えるか減るかというのはあくまで転職者が決定できるものである。

また月給といっても、全部が基本給ではなく、中には〜手当といったもので支給されるものもある。そしてそういったものはボーナスの計算には使用されない。
そのためなるべく給料の内訳なんかも知っておいたほうがいい。

有給休暇

多くの企業は入社時に15〜20日くらいの有給休暇(有休)が付与される。そしてこの有給休暇は1年経つごとに1日増えていく。例えば最初に15日の有休が付与される会社に5年勤め続ければ1年に付与される有休は20日に増えている。
しかし、その状態で新しい会社に転職すると新しい会社で1年目となる。新しい会社の最初の有休日数が15日であった場合は、また15日に戻ってしまうわけである。
そんなわけで20-15で5日分の損。

日給あたり2万円稼いでいる人がいたとしたら年間で10万円のマイナスと考えることができる。




退職金、企業年金

前の会社では退職金制度、企業年金があるのだが、新しい会社ではそういったものが一切ない!そんなこともあり得る。
勤続中に積み立てていた退職金は一応退職時に支払われるのであるが、勤続年数が少ない状態で退職してしまうと控除が少なくなり税金がかかる。
また、会社によっては定年まで勤めないとフルに支給されないということもある。

退職金にかかる税金っていくらくらいなの?|エンジャパンの転職大辞典|エン転職
https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/11707/

私の場合は100万円ほど積み立てがあったが、受け取りじは60万円強だった。

転職先に退職金制度がない場合は、その分の年間の収入がマイナスになるのと同義である。

例えば年間で50万円が積み立てされるとすると、制度がない会社に転職した場合は50万円のマイナスと考えられる。
また税金の控除も考慮すると60万円くらい損するとも考えられる。

福利厚生

私は日本の会社から外資に転職したが、福利厚生のなさに少し面食らった。日本の大企業は結構至れり尽くせりだったりするのである。

寮、社宅

日本の大企業は寮や社宅を完備しているところが多い。私も入っていて、相場の4万円〜5万円ほど安く住めたと思う。
しかし中小企業ではそういったものを用意していないところもあるし、外資系企業も用意していないところが多い。

例えば相場から5万円安くらいで住居に住めるとすると、年間で60万円のプラスであると考えることができる。

一方、外資でも優良企業であれば寮や社宅はなくても借り上げ住宅制度があるところはある。

社食

これも日本の大企業は建物内に社員食堂を備えていて、安価にランチをとることができたりするケースが多い。
しかしやはり中小企業や外資ではないことが多いのである。

フィットネス、保養所

会社の福利厚生でフィットネス、保養所を利用している人を見たことがないが、利用する人は利用するのであろう。
ちなみにこの福利厚生は健康保険の付帯としていることも多い。
会社の福利厚生だけでなく、転職先の会社がどの健康保険組合を利用していて、その健康保険組合がどういったサービスを用意しているのかということも知っておいたほうがいいのである。

通勤の経路、勤務地周辺の様子

転職した場合、引っ越すのか、それとも今の自宅から通うのか。
通う場合の交通手段、電車バスの混雑具合、通勤時間などはあらかじめ受け入れられるレベルなのかどうかを確認しておいたほうがいい。

おかしな話ではあるが、転職してきたのに、「自宅が遠くて通勤がキツい」という理由で辞める人もいるのである。

私のオススメは勤務地近くに引っ越すことかな。徒歩通勤は非常に気楽です。

また、勤務地周辺が意外と何もなくってランチに行くにもちょっと離れたところまで行かなければならないなんてことにならないかどうかのチェックもしておいたほうがいい。

-生活
-

Copyright© 適当にやるわ , 2018 All Rights Reserved.