適当にやるわ

リアルな世界でのプラチナトロフィー取得を目指して...

アードベッグのイベント「アードベッグ・デー2018」に行ってきた

投稿日:

アードベッグデイロゴ

アードベッグはアイラ島の有名なスコッチウィスキーの1つ。
そのアードベッグの「アードベッグ・デー」というイベントが毎年開催されており、毎年その年の限定ウイスキーも試飲できます。
私は今年で参加2回目となります。今年の限定ボトルは「ARDBEG Grooves(アードベッグ グルーヴス)」。

アードベッグ・デー2018 | 世界が熱望するアイラモルト ARDBEG | 世界が熱望するアイラモルト ARDBEG

昨年の限定ボトルはArdbeg Kelpieでした。

アードベッグのイベント「アードベッグ・デー2017」に行ってきた

入り口は結構長い行列ができていました。
昨年以上の盛り上がりかもしれません。

入り口の行列

イベント内容

今回のイベントは以下のような内容であった。

  • 今年の限定ボトルである「ARDBEG Grooves(アードベッグ グルーヴス)」の紹介
  • アードベッグ10年、ウーダガール、コリーヴレッカン、アン・オー、グルーヴス(1杯のみ)が飲める
  • 倒れてくるボトルを自分で抑えている写真撮影。SNS投稿でバッジがもらえる。

今年は開催場所が新宿の甲州街道ガード下のサナギ新宿でした。
昨年に比べたらアトラクションが少なくなりました。

飲めるウイスキー一覧

建物内は中国風の灯籠がたくさん吊り下げられていました。

建物内の写真

料金とチケット

今年はドリンクチケットのバラ売りのようなものはなく、当日券が3チケットで2,400円で販売されていました。
当日券では10年は1ショット、他はハーフショットが飲めます。グルーブスは飲めません。

事前販売のチケット購入者は2、400円で3チケットもらえます。
そのうち2チケットは10年1ショット、他ハーフショット用となり、1枚だけグルーブスハーフショット用のチケットがもらえます。

事前予約者のチケット

入場するとバンドとタトゥー風のラベルがもらえます。

バンドとタトゥー

ノベルティグッズ

今年はグッズの販売所では以下のものが売ってました。
Tシャツ、タンブラー、蓋つきのショットグラスなんかが売っていました。

グッズ売り場はものすごい行列でした。

SNS投稿でもらえるバッジ。

SNS投稿でもらえるバッジ

Ardbeg Groovesのテイスティング

今年の限定ボトルである「ARDBEG Grooves(アードベッグ グルーヴス)」の紹介後からテイスティングが可能となりました。
少し説明が早くて正確に聞き取れたかわかりませんが、このグルーヴスは赤ワイン樽をチャー(樽の内側を火で炙って焦がす)した後に入れた原酒とバーボン樽の原酒をバッティングしたものだということです。

ワイン樽原酒のためか少し濃くなった琥珀色。しかし他の熟成されたモルトほど濃くはない。

香り

香りはアードベッグ10年ぽいピート、塩気があるのだが、シェリー樽の原酒ぽい甘いナッツ系の香りもする。

味もやはりアードベッグ10年ぽい塩気、辛さを感じるが、少しトフィーの甘さ。
感覚で言えばアードベッグ10年にマッカラン12年を少し混ぜたような味。

感想

あまり特殊性を感じる味ではなかった。個人的には昨年のケルピーの方が独創性を感じた。

ardbeg groovesグラス

ardbeg groovesボトル写真

-
-, ,

Copyright© 適当にやるわ , 2018 All Rights Reserved.