適当にやるわ

リアルな世界でのプラチナトロフィー取得を目指して...

シーバスリーガルのイベント「Chivas the Blend」でオリジナルのウイスキーをブレンドしてきた

投稿日:

ペルノリカール社主催の「Chivas the Blend」というイベントに参加しました。
このイベントはシーバスリーガルと、ブレンデッドウイスキーを構成する原酒について説明を受けた後に、自分自身でオリジナルのブレンデッドウイスキーを作って見るというものです。

シーバスザブレンド

開催場所は虎ノ門ヒルズのアンダーズ 東京ルーフトップバーでした。
52階にあるバーで東京の夜景を眺めながらお酒が飲める素晴らしいところです。

受付

受付で4000円を払って好きな場所へ。
ソファで待っていると関係者と思われる外国人が「ミズナラハイボール」って言って持ってきてくれました。

ミズナラハイボール

シーバスリーガル ミズナラのハイボールは初めてでしたがうまいですね。
家でも作って飲みたいと思いました。

イベントの始まり

シーバスリーガルのリーフレット

しばらくするとイベントの開始。ミズナラハイボールは飲みきっていないのでそれも持って行きます。
まず本日のイベントのMCの紹介。
ミズナラハイボールを運んできたのはシーバスリーガルのブランドアンバサダーのトモス氏でした。

シーバスリーガルの歴史

1801年ジェームズとジョンがアバディーンで始めた食料品店が始まり。
スパイス、茶、ウイスキーを販売していたが、ジェームズは客がウイスキーを美味しいと思っていないことを発見。
当時のウイスキーは質が悪かったそうです。そしてジェームズは地下でウイスキーの熟成を始め、ブレンディングもして品質の良いウイスキーを作りました。

その品質の良いウイスキーは当時のヴィクトリア女王も買ったそうです。

シーバスリーガルのシーバスは兄弟の名前、リーガルは英国王室御用達というところから名付けられました。

ウイスキーの話

次にシングルモルトとシングルグレーンの定義。
そしてスコッチウイスキーの定義について。
スコッチウイスキーの定義上最低3年熟成させなければいけない。

そのほか、ウイスキーのフレーバーであるバニラ、カラメル、トフィー。
シェリーカスクというスペインのワインの樽で熟成させるとドライブルーツ、果実、きのみの風味がつくという話。

スコットランドでは人口よりも樽の数の方が多いそうです。

ウイスキーの味わい方

シーバスリーガル 12年が用意してあり、それをテイスト。
まずはノージングから。

香りにはどんなものが含まれているのかというと、
アルコール、トフィー、カラメル、バニラ
アメリカンオークのオレンジ、アップル、はちみつ
スイーツオレンジなど。

ニートだけでなく、ウイスキーに水をたらすとより香りが引き立つ。
なぜ水により香りが引き立つのか。
それは例えると、雨が降ると周辺の花の香り、土の香りが強くなることがある。
水というのは化学的な作用を引き起こす働きがあるからである。

それはウイスキーに対しても同様で、ストローで水をドロップすると違った香り、味になる。

地域ごとのウイスキーの紹介

各地域のウイスキー

あらかじめテーブルにはスコットランドのそれぞれの地域のウイスキーが用意され、1つずつテイスティングしながら説明を受けます。

スペイサイド

バター、トフィー、ドライブルーツ。
置いてあったのはストラスアイラ12年という種明かしがありました。
ストラスアイラはシーバスリーガルの蒸留所でシーバスリーガル12年の構成原酒でもあります。

ハイランド

アルコール感、スパイシー。
フルボディと表現されるそうです。
刺激が強いため、ブレンディングするときには量を少なめにするのが基本。

ローランド

落ち着いたフルールの香り。軽くて甘い。

アイラ

スモーキーでハチミツ、ダークチョコレートのフレーバー。
これも少しずつ加えて使うべきモルトです。

飲んだ感じではラフロイグほど強くはなく、ボウモアのような感じがしました。

グレーン

味は軽く、舌の上で転がるような感じ。
マスターブレンダーはこれをベースに使用します。

各地域のウイスキー上から
フレーバーの種類

左からシーバスリーガル12年、スペイサイド、ハイランド、ローランド、アイラ、グレーン

自作ブレンデッドウイスキー

一通りウイスキーを味わった後にオリジナルのブレンデッドウイスキーづくり。
ブレンドではグレーンをベースにして作ります。まずグレーンを30ml入れる。
その後自分の好みに合わせて他の地域のウイスキーをストローで少し垂らしながら味を調整していくのである。

なぜグレーンを多めに入れるのか。

それはグレーンは絵画で言えばキャンパスの役割を果たすからである。
モルトは絵の具である。

グレーンは何かを作る上での土台のようなものでなのである。

ちなみに私はタリスカーの味が好きなのでスモーキーなアイラとスパイシーなハイランドを多めの割合で作って見ました。
見事にそういうテイストのウイスキーができました。

お土産

お土産

最後にお土産がありました!
中身は

  • シーバスリーガル 12年の小ボトル
  • シーバスリーガル ミズナラの小ボトル
  • シーバスリーガル ミズナラのノート

でした。

トモス氏との飲み

アンダーズ東京にあるシーバスリーガルカクテルのメニュー

イベントが終わった後に他の参加者とトモス氏と飲みました。
イベントの会場であるアンダーズ東京のバーはシーバスリーガル12年を使ったカクテルが色々とあり、おすすめされたカクテルを飲んでみました。

シーバスリーガル12年とグリーンティーのカクテル

トモス氏はまだ若くてこの仕事についてまだ1年。
普段飲んでいるウイスキーはシーバスリーガルとアベラワーだそうです。

ちなみに私はアベラワーって知りませんでした。
アベラワーもペルノリカール社のウイスキーです。

途中でシーバスリーガル アルティスを紹介されて1ショット飲んでみました。
すごいスパイシーで喉に突き抜けるようなウイスキーでした。

帰って値段を調べて見たらボトルで12000円以上。

うーん、タリスカー18年が1万ちょいだから迷うね。

感想

たった4000円で非常に内容の濃いイベントでした。
今までフレーバーについてよくわからず「そんな感じかなっ!」って味わっていましたが、説明を受けながら実践すると違うものですね。

結局提供されたウイスキーが多くて全部は飲みきれませんでした。

ちなみに秋ぐらいに別のイベントも考えているそうなので、また参加したいです。

-
-,

Copyright© 適当にやるわ , 2018 All Rights Reserved.