適当にやるわ

リアルな世界でのプラチナトロフィー取得を目指して...

生活

メガネの鼻当てが汚い!から交換した話

投稿日:

メガネの鼻当ての部分って顔の脂汚れが溜まるんですよね。

毎日シャワーの時にお湯で洗ってるんですが、それでも完全には落ちない。
それで歯ブラシでゴシゴシするんですがそれでも細かいところの汚れは完全には落ちない。
しかもブラッシングしてる最中に鼻当てがポロポロと壊れたりもする。

んで、ネジ止めしてる部分はブラシが届かないんで、脂汚れが残ったまま。

しかもこの脂汚れなんですが、緑色になるんですね。

外からだとパッと見はわからないかもしれないけれど、でも自分はメガネが汚いことはよくわかってる。

嫌ですね。

ってなわけで鼻当ての交換です。

鼻当ての購入

購入したのはこの鼻パッド。アマゾンで698円。

中身はシリコンでできた鼻当て2組とメガネ拭きである。
ちなみに私は小さいドライバを持っていたので買わなかったが、ドライバがない人はドライバも必要である。

ドライバ付きはこっちがある。

鼻当てが通常のものと、クッション鼻当てそれぞれ10組、メガん滑り止め、ねじ、クロス、ドライバ、ピンセット、ケースも付いている。
それで899円。

開封

鼻パッド開封前

鼻パッド中身

中身は袋に鼻パッド2組(4個)、それとクロス。クロスはいっぱい持ってるからまあ別にいらんかな。

取り付け

まず取り付ける前に、当然のごとく現在メガネについている鼻当てを取る必要がある。
これはドライバで普通に回して取る。

メガネ汚れ

鼻パッド取り外し後

そして次にこびり付いた汚れの清掃である。
ブラシでゴシゴシしないと取れないレベルである。

掃除が終わったら水分を拭き取り乾かしたら新しい鼻パッドを装着。
つけ心地は柔らかくて快適である。

鼻パッド取り付け後

汚くなったのを交換するべきだし、最初についている鼻当てが固すぎるって場合も柔らかいのに変えるのもいいですね。

お店で交換

ちなみに私は過去に鼻当てをお店で交換してもらったことがある。
他社製メガネであったがタダでしてくれた。

そういうこともあります。

-生活
-,

Copyright© 適当にやるわ , 2018 All Rights Reserved.