適当にやるわ

リアルな世界でのプラチナトロフィー取得を目指して...

AppleScript Mac 時短

一瞬でSafariのタブを新しいウィンドウで開いて画面の右半分の位置に設置するスクリプト

更新日:

タイトルが長くてわかりづらいですが、、、

Safariで動画を再生しながら他のサイトを見たいと思うことはよくあります。
そういった場合、動画を開いているタブを新しいウィンドウにして片方を動画用、もう片方をブラウジング用にします。
でもマウスでタブを持っていってウィンドウを作って、更に両方のウィンドウのサイズ調整をしていい感じにするのは面倒です。




そこで今回のスクリプトの登場です。
言語はAppleScriptです。
こうやって見ていたのが
 
一瞬で動画と他のサイトのウィンドウに分かれます
 
以下はコードです。

tellapplication "Finder"

--デスクトップのサイズを取得

settheScreenSizetogetboundsofwindowofdesktop

--デスクトップの横幅を取得

settheScreenWidthtoitem 3 oftheScreenSize

--デスクトップの高さを取得

settheScreenHeighttoitem 4 oftheScreenSize

--新しく開くウィンドウを一旦デスクトップのサイズで定義

settheNewWindowSizetotheScreenSize

--最初に開いているウィンドウ用のサイズを一旦0で宣言

setthePrimaryWindowSizeto {0, 0, 0, 0}

--最初に開いているウィンドウの横幅をデスクトップの横幅の半分にする

setitem 3 ofthePrimaryWindowSizetotheScreenWidth / 2

--最初に開いているウィンドウの高さをデスクトップの高さにする

setitem 4 ofthePrimaryWindowSizetotheScreenHeight

--新しく開くウィンドウの左端の位置をデスクトップの横幅の半分の位置にする

setitem 1 oftheNewWindowSizetotheScreenWidth / 2

--新しく開くウィンドウの左端の位置をデスクトップの横幅の半分の位置にする

setitem 3 oftheNewWindowSizetotheScreenWidth

endtell

--Safariを前面にする

tellapplication "System Events" totellprocess "Safari"

setfrontmosttotrue

endtell

--Safariの最初に開いているウィンドウのサイズを画面の左側半分のサイズに設定

tellapplication "Safari"

setboundsofwindow 1 tothePrimaryWindowSize

endtell

--Safariのメニューから"タブを新しいウインドウに移動"を実行

tellapplication "System Events" totellprocess "Safari"

setfrontmosttotrue

clickmenu item 8 ofmenu 1 ofmenu bar item 9 ofmenu bar 1

endtell

--新しく開いたウィンドウを画面の右側半分に設定

tellapplication "Safari"

setboundsofwindow 1 totheNewWindowSize

endtell

これをライブラリ/Scriptsに入れてメニューから実行しても楽なんですが、Butlerでキーボードショートカットに割り当てるともっと楽です。
一瞬でタブを切り離してブラウジング用、動画用のウィンドウを半分ずつのサイズに設定してくれます。




-AppleScript, Mac, 時短

Copyright© 適当にやるわ , 2018 All Rights Reserved.