適当にやるわ

リアルな世界でのプラチナトロフィー取得を目指して...

グルメ

朝の築地で海鮮丼、牡蠣、卵焼き食べました

更新日:

築地場外市場に朝ごはんを食べに行きました。築地は東京でありながら市場があるため入荷したばかりの新鮮な魚介類が食べられることが魅力です。そのため日本人に限らず多くの外国人が観光目的で訪れます。

平日朝の築地の様子

電車の混雑具合

平日の朝なのでやはり電車の通勤ラッシュ時間帯に移動することとなる。久しぶりに都内の朝の電車に乗車したが毎日やってたら耐えられるレベルではない。それが嫌な理由の1つで過去に東京の会社を辞めている。東横線、日比谷線と乗り継ぎましたが、東横線はすごい混み具合。座るのは不可能。日比谷線はそんなんでもなくって座れました。

築地の混雑具合

休日に比べたらマシである。狭い場外市場の通路のような道もまあ普通に歩ける。店のスタッフの活気は休日も平日も変わらない。平日は日本人よりも外国人の多さが目立った。中国人が多いように感じる。築地は東京の中でもメジャーな観光地になっている。

オススメの店はどこか

自分にとってどこがオススメかってのはあまり比較をしたことがないのでわからない。しかし牡蠣は斉藤水産がオススメである。

朝食

海鮮丼

斉藤水産の向かいにある「まるきた2号店」で食べた。海鮮丼(贅沢4種なかおち丼)2,500円を頼んだが岩のりが入った味噌汁(100円)も店員に勧められて注文。両方合わせて2,600円。普通にうまいという感じかな。岩のりの味噌汁は良かった。まるきた2号店は1階と2階があり、2階はテーブル席がある。トイレも2階にある。建物自体が細長いためか、階段が結構狭くトイレから1階に戻るときにすれ違いが大変だ。

築地場外市場の海鮮丼 まるきた
http://tsukiji-marukita.com/




牡蠣

牡蠣はいつも斉藤水産で食べている。大きさによって値段が若干変わってくるが大体500円前後で生の殻付き牡蠣をその場でポン酢をかけて食べれる。1口か2口くらいで食べられるくらいの大きさ。バケツに入った食べ終わった後の牡蠣の殻の数が、牡蠣を求めて立ち食いした客の多さを物語る。やはり新鮮な牡蠣は「海のミルク」と言われるだけあって、海の味がする。

築地場外市場 まぐろ屋『斉藤水産』
http://www.tsukiji-saito.com/

築地 斉藤水産 - 築地/その他 [食べログ]
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13147413/

玉子焼き

テリー伊藤の実家の厚焼き玉子の店(丸武。)が有名だが、今回はあえて別の店にしてみた。玉子焼専門店の山長である。

築地 山長 玉子焼
http://www.yamachou-matue.jp/index.shtml

築地山長 (山長松江) - 築地市場/その他 [食べログ]
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13100313/

串に刺さった玉子焼き目当てに行列ができていた。1本100円。大根おろしと醤油?がかけられていて甘さとさっぱり感が1度に味わえるようになっている。

その他

場外市場で朝食をとったが、後で場内市場も行ってみた。場内市場は平日にもかかわらず結構な混雑である。お寿司屋などは外国人が多く行列に並んでいる。おそらく1時間待ちは確実だろう。
築地を見た後は浜離宮恩賜庭園に行った。築地と浜離宮は距離が近く歩いていけるので続けて立ち寄る観光スポットとしてはおすすめ。

-グルメ
-, , ,

Copyright© 適当にやるわ , 2018 All Rights Reserved.