適当にやるわ

リアルな世界でのプラチナトロフィー取得を目指して...

Mac ソフト

東プレ RealforceをMacで使う

更新日:

Realforceが好きで長いことRealforce86を使ってます。

残念ながらMacには標準で対応していません。
そのためTrinity Works社からWinKを購入して利用していましたが、開発が終了してしまいました。
現行のYosemiteには対応していません。
キーマップを変えられないとPowerキーを押す時にわざわざ本体に付いてるボタンを押さなければならなかったり、コマンドキーとオプションキーの位置が逆で従来のMacのキーの配置と違ったりします。
(コマンドとオプションの入れ替えはOSの設定のキーボードからもできます)
それでもどうしてもRealforceの打鍵感が好きでキーマップを変更する方法を探していたらアプリがありました。




Karabiner - OS X用のソフトウェア

https://pqrs.org/osx/karabiner/

まずKarabinerをインストールします。 そして起動します。“Change Key”タブにデフォルトで色々とキーマップの設定が入っていますが、WinKの配置はないため自分で作ります。 “Misc & Uninstall”タブから”Open private.xml”を押してFinderに現れたprivate.xmlファイルを開きます。

私はTextMateで編集しています。

<?xml version="1.0"?>
<root>
<devicevendordef>
<vendorname>RealForce_VendorID</vendorname>
<vendorid>0x0853</vendorid>
</devicevendordef>
<deviceproductdef>
<productname>RealForce_ProductID</productname>
<productid>0x010e</productid>
</deviceproductdef>
<item>
<name>Realforce86</name>
<appendix>WinK Remap</appendix>
<identifier>private.realforce86</identifier>
<block>
<device_only>
DeviceVendor::RealForce_VendorID,
DeviceProduct::RealForce_ProductID
</device_only>
<autogen>__KeyToKey__ KeyCode::F15, MODIFIERFLAG_EITHER_LEFT_OR_RIGHT_SHIFT, ConsumerKeyCode::VOLUME_MUTE</autogen>
<autogen>__KeyToKey__ KeyCode::F14, MODIFIERFLAG_EITHER_LEFT_OR_RIGHT_SHIFT, ConsumerKeyCode::VOLUME_UP</autogen>
<autogen>__KeyToKey__ KeyCode::F13, MODIFIERFLAG_EITHER_LEFT_OR_RIGHT_SHIFT, ConsumerKeyCode::VOLUME_DOWN</autogen>
<autogen>__KeyToKey__ KeyCode::F13, ConsumerKeyCode::EJECT</autogen>
<autogen>__KeyToKey__ KeyCode::F15, ConsumerKeyCode::POWER</autogen>
</block>
</item>
</root>

上記内容を記述した後にReloadXMLをしてRealforce86のリマップを有効にすれば音量の上げ下げ、ミュート、イジェクト、パワーボタンがRealforceでも使えるようになります。
なお、OptionキーとCommandキーはOSの設定で入れ替えています。 その他にも色々と設定できる便利なツールです。その他の設定についてはこちらが参考になります。

Karabiner - OS X用のソフトウェア

アマゾンで改めてRealforceを探してみたら86はなくなっていて代わりに右側にもWindowsキーが付いた87がリリースされてますね。




-Mac, ソフト

Copyright© 適当にやるわ , 2018 All Rights Reserved.