適当にやるわ

リアルな世界でのプラチナトロフィー取得を目指して...

ウイスキー初心者におすすめの辛くないウイスキー5選

投稿日:

ウイスキー ボトル5本、カナディアンクラブ、ジョニーウォーカーブラック、シーバスリーガルミズナラ、ザマッカラン12年、ジョニーウォーカー ブルーラベル

ウイスキーに挑戦してみたけど、最初に飲んだウイスキーがアルコールきつくて良い印象がない。自分に合うお酒ではない!辛い!って感じてる方、結構多いんじゃないかと思います。

また、ウイスキーに挑戦してみたいけど何がいいのか全くわからないって方もいるかと思います。

私はいろいろなウイスキーを飲んでみて、一応どんな味のウイスキーでも飲めます。
でも当然、今まで飲んだ中には美味しいと思わないし、リピートでボトルを買うことはないなって銘柄もたくさんあります。

ここでは私が飲んできた中でウイスキーを飲んだことない方、もしくは苦手だけどまた挑戦してみたいって方にオススメのウイスキーを紹介します。

個人的にはラフロイグやアードベッグのようなアイラのウイスキーが好きですが、そういった薬品臭い煙たい香りのするウイスキーはここではオススメしません。

あくまで飲みやすさを重視して安いものから高いものまでリストにしました。順番は価格の安い順になっています。価格の高いほうが飲みやすくてオススメです(笑)。

カナディアンクラブ

スーパーや酒屋にはほぼ必ず置いてあると言ってもいいくらいどこにでもあるカナダの有名なブレンデッドウイスキーです。店によっては1000円以下で買えるという安さも魅力。
このウイスキーの特徴は口に入れたときのまろやかさとチョコレート、蜂蜜のような優雅な甘さです。そして1000円という価格ながら安いウイスキーにありがちなアルコール臭さ、辛さが非常に良く抑えられています。
味が濃いのでハイボールにしても美味しいです。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年

日本ではジョニーウォーカー「黒」とも呼ばれています。ほぼ2000円前後で販売されています。初めて飲んだときに「たった2,000円でここまでの味が出せるのか。さすがジョニーウォーカー!すごいな!」と感動したものです。

味はフルーティな潤いのある甘み、若干スモーキー。12年物の原酒をブレンドしているので十分なまろやかさもあります。味やフレーバーについては日本のジョニーウォーカー公式サイトに詳しい解説があります。

JOHNNIE WALKER_商品紹介_BLACK LABEL aged 12 years

シーバスリーガル ミズナラ12年

これより少し値段の安いシーバスリーガル 12年をおすすめしている方が多いようですが、12年よりもミズナラの方が私はおすすめです。

商品名にある通り、日本のミズナラを使用した樽で熟成させた原酒を使用したウイスキーとなります。

ミズナラの方が通常の12年よりも口に含んだ時のアルコールの強さが弱く、甘くてフルーティな味わいを存分に楽しめます。

だいたい700mlのボトルが3000円台中盤くらいで販売されています。

ザ・マッカラン 12年

おそらく多くの人がオススメしているであろう有名なウイスキー。多分一番お勧めされているんじゃないだろうか?
私の中では坂本龍一が宣伝に起用されて広告に載っていたのをよく覚えています。

タワーレコード、“NO MUSIC, NO LIFE. NO MUSIC, NO WHISKY.” | BARKS

このウイスキーは比較的どこでも販売されていて手に入りやすい。
値段は若干高め。以前は700mlのボトルが4000円台で売られていたのだが、最近は値上がりして7000円くらいが普通になってしまったのが残念。

このウイスキーがおすすめされる理由はまろやかでかつ飲みやすいというのが第一にある。スペイサイドのウイスキーは強烈なくせみたいな物がなくて飲みやすいものが多いが、その中でもとりわけ飲みやすい。濃厚なナッツのようなクリーミーな味わいも口に含んだときになんか落ち着かせてくれるのである。

そしてだいたいどこのバーにもあるため、ウイスキーを飲んでみたい他の人がいておすすめのものを聞かれたら、このザ・マッカラン 12年をオススメしている。(まあ、それはバーテンダーの仕事か。)

贈り物としても結構おすすめされているようにも感じる。万人受けするしね。

ジョニーウォーカー ブルーラベル

ジョニーウォーカーの「青」。

正直、今まで飲んだウイスキーでどれが一番お勧めできるかと言われればこのウイスキーをお勧めする。ザ・マッカラン 12年よりもお勧めである。

最初に一口飲んだ時の印象は

「これ、本当にウイスキーなのか?」

ってくらいまろやかでアルコールのトゲがない。
味は滑らかなでフルーツのような爽やかさ。
女性で普段ウイスキーを飲まない人が、「これなら飲める」っていうんでジョニーウォーカー青だけしょっちゅう飲んでるという話を友人から聞いた。
それくらい他のウイスキーと比べて「別格」とも言えるテイストなのである。

パッケージも豪華でしっかりとした扉付きの箱に収められています。ボトルも他のものよりも厚くがっしりとしていてチャームがついています。

値段は高めで12000円くらい。

-
-

Copyright© 適当にやるわ , 2018 All Rights Reserved.